医療者・企業が考える

がん患者の就労支援

就労世代のがん

治療と仕事の両立への不安

  • 上司、同僚のどこまで病気を知らせるか
  • 休職等の社内規定がよくわからない
  • 働けない間、給料は出るのか?
就労世代のがん
  • いままでどうり働けるのか?
  • 平日、通院する時間はあるのか?
  • 具合が悪いとは時短勤務ができるのか?

医療者・企業の皆様

医療者向け

がん患者が治療と仕事を両立するには、たくさんのハードルがあります。特に告知から治療が始まるまでは、患者は混乱し、精神的にも落ち込んでいることが多いです。その段階で患者さんにアクションをできるのは医療者だけです。医療者からのアクションは患者が就労を継続させるためにはとても大事です。患者が何を求めていて、医療者側からなにをすべきなのかをご提案します。

医療者向け

企業の皆様

従業員が治療と仕事の両立をするためには、会社からのサポートが必ず必要です。しかし、がんという病気であっても一人ひとり症状は様々です。手術をして治る人もいれば、抗がん剤治療を継続していかなければならない人もいて、従業員へのサポートの仕方も変わってきます。それが、企業が従業員への対応を難しくしています。従業員が何を望み、どんなサポートがあれば、仕事を継続できるのか?管理職、人事・労務担当者の従業員への治療と仕事の両立を支援します。

企業の皆様